About

Masahito Hiranuma

MASAHITO HIRANUMA

1962年生まれ。パリ-東京コレクションなどの選曲、演出助手、スタイリスト、演劇の舞台音響などの仕事を手がけながら、自分自身の表現を求めて絵画制作を始める。
 
90年に西洋芸術の実物に触れるため、コンテンポラリーアートの動向を知るために渡仏。94年にパリPROCREARTでデビュー、パリで活動しながら独自のスタイルを探究。98年帰国。横浜での個展を皮切りに個展を中心としてゲリラ的に活動中。
 
2013年以降、新シリーズFASHIONの個展を始まりとして、シリーズ展開されたROCK STAR、CONTEMPORARY MUSIC、FASHION No.09、NEW WAVEなど、感じるままをダイレクトにぶつけた作品を積極的に発表している。
 
Born in 1962. Started painting looking for means to express one’s particular art, during the days working as a music/sound director and stylist for Paris-Tokyo Collection.
 
Moved to Paris to look and study directly from the paintings and feel the atmosphere of contemporary art movement.  After the first exhibition at PROCREART Paris, continued exploring and experimenting, seeking an original style of art. 1998, returned to Japan, and showed various works mainly in solo exhibitions starting in Yokohama.
 
Since 2013, showing enthusiastically…the new series FASHION and ROCK STAR, CONTEMPORARY MUSIC, FASHION No.09, NEW WAVE, etc….
1962年出生,在经历巴黎与东京时尚盛典等的选曲师、演出助理、造型师、戏剧舞台音响师等经验,一边也为寻求自我展现而开始了绘画创作。

1990年开始接触西洋艺术的实物,为更深入理解当代艺术(Contemporary Art)而前往法国学习。1994年于巴黎PROCREART正式出道,在巴黎一边进行艺术活动一边探究自我风格。之后于1998年回到日本。回到日本后于横滨举行首次个人展览,并以此为契机,之后在个人展览为主要活动下,于各地做突击式的展览。

2013年以后,开始了新系列 时尚(FASHION)主题个人展览、并在此系列下展开了摇滚明星(ROCK STAR)、当代音乐(CONTEMPORARY MUSIC)、第九号时尚(FASHION No.09)、新浪潮(NEW WAVE)等,积极发表直感不做作的个性作品。

Concept

私が求めているものは、喜びであり楽しみであり輝きであり、光である。
喜び、楽しさ、笑い、解放、エロス、快感、それらをテーマとした知的な遊び。
画面から受ける感覚は輝きと光であり,その輝きは私の波動と共鳴し喜びとして純粋に私の心に残る。
そして、その感覚が私はとても好きだ。
What I want is joy, happiness, brightness and light. 
joy, happiness, laughter, freedom, eros, pleasure; a creative brainwork based on those theme.
What I receive from the tableau is brightness and vibration.
It turns into a sense of genuine pleasure which would stay in my mind.
I love that kind of feeling.
Fashion Rock Star
Back To Top